ひとてまい 副作用

ひとてまい副作用

 

 

ひとてまいを使ってみようと思いましたが、身体に入れるものですから、やっぱり副作用は心配です。

 

これについては、販売元に確認してみるのが一番だと思いましたので連絡してみました。

 

 

これについて、次のような回答を頂きました。

 

 

ひとてまいは薬ではなくサプリメントですので、副作用が現れるということはありません。

 

どうぞ、ご安心してお使い下さい。


 

 

とのこと。

 

大人がサプリメントを活用するように、栄養面で心配なお子様に大してのサプリメントとして使ってみてはいかがでしょうか。

 

だからといって、一度にまるごと一袋食べてしまうような無茶はさしがにしませんが(^^;

 

とりあえず副作用の心配医はせずに、安心して使えそうです。

 

家庭環境などでキチンとした食事を準備してあげられないなど、ご事情は様々ですが、食事の偏りなどで栄養面はやっぱり心配なんです。

 

それを補ってあげられるなら、選択肢として頼っても良いのかな?

 

というの心境です。

 

芸能人やタレントさんで、ひとてまいをお使いの方々は

  • 里田まいさん
  • 紗栄子さん
  • 畑野ひろ子さん
  • みきママさん

といった方々がお使いになっていらっしゃいますね。

 

もっと詳しく知りたい場合は公式サイトで確認することが出来ます。


 

⇒ひとてまいが半額で買える公式サイトはこちら

 

 

 

 

子供との関わり合い(会話の中で使うカウンセリング技術についてのコラムです。
学術的で専門者向けの内容となっておりますので、読み飛ばして頂いてかまいません。

 

コラム ひとてまい 子供と親の関係 カウンセリングをとおして

 

子供の観察は、子供と関わるという意味ではカウンセリングの基盤でもあります。

 

カウンセリング技法というとすぐに言語による扁桃技術と考えがちですが、子供の非言語行動を正確かつ詳細に観察する技術は極めて重要なことです。

 

非言語行動の要素としては、身振り・表情・生理反応や反射・体つきと身体特徴・養子・声と話しぶり・体スペース・時間概念、のやつが挙げられます。

 

これらの要素はそれぞれ、子供の感情や思考・身体感覚。価値観といった情報を意図的もしくは無意識のうちに伝達する役目を果たしています。

 

そのためこれから得られる情報を度外視することは子供を無視することにつながってしまいます。

 

しかし 非言語要素の観察で得られる情報は曖昧であり、極めて誤解されやすいという問題点があります。

 

このためカウンセリングは、自分の完治した子供の非言語行動の解釈が正しいかどうかを重要に検討しなければなりません。

 

これは、食事の面でも如実に表れます。

食生活のかたより

食事というのはコミュニケーションの基本と言っても過言ではありません。
このコミュニケーションがうまく取れていない場合には、精神面からくるホルモンの分泌バランスにも大きな影響を及ぼしてきます。

 

食事の偏りがあったりする子供はやはり精神的には安定していない子が多いように感じます。
なんとなく食事が進まず結局あまり食べない結果になってしまうので、必然的に食事の量が減ってしまいます。

 

こうなれば栄養面に影響が出てくるので心配になってしまいます。

 

そういう場合でもひとてまいを使うことによって、親の心に余裕が生まれ安心感も生まれてきます。

 

副作用の心配などもしてしまうかもしれませんがひとづま会は薬ではなく栄養補助といった観点のサプリメントの領域に入りますのでこの辺りは心配する必要はないかと考えます。

 

これに関してはメーカーも同じように回答を得ているので心配することはないでしょう。

 

少し話がずれましたが元に戻します。

 

 

多くの非言語行動学の専門家が指摘するように、非言語要素の観察から正確な情報を得る一つの方法は、子供が繰り返し見せる一貫性のある非言語行動に注意を払うことなのです。

 

急性な判断だけは絶対に避けなければなりません。

 

最後に、子供の非言語要素と言語内容とを工作させて用いると、 子供に関する複雑な理解が可能になる技術が生まれてくるのですが、これについては後術します。

 

子供に耳を傾ける傾聴技法とは

 

カウンセリングは傾聴に始まり、傾聴に終わります。

 

そのため、傾聴技法は数多いカウンセリング技術の中では最も重要な技法です。

 

この技法は文字通り子供から聞くことを狙いとする技法ですので、主としてカウンセリングの導入期に用いられるテクニックとされています。

 

しかしカウンセリング全体を通して活用される技法であると言っても過言ではありません。
この技法の習得なしには他の貴方もありえないくらいです。

 

傾聴技法には三つの主要目的を持つ

第1

 

まず第1は、子供を正確に理解することなのです。

 

この技法によって 親は子供の経験する外的状況を内的現実の出来る限り正確な理解を試みます。

 

親が子供から聞くことなしに、カウンセリングはありえないのです。

 

第2

傾聴技法の第2の目的は親が理解した内容を子供にわかりやすい言葉でフィードバックすることなのです。

 

いくら子供からしっかりと聞いたところで、それが子供に正しく、意図的に伝えられなければ片手落ちになってしまいます。

 

カウンセリングは理解とフィードバックの両方から成立するのであり、どちらか一方が欠けてもカウンセリングにはなりません。つまり親は聞き上手であるだけでなく、答え上手でもなければならないのです。

 

傾聴技法は、子供を正確に理解し効果的な返答をするための雛形を提供してくれています。

 

第3

目立つ3番目の目標は、信頼関係をしっかりと確実することです。

 

こうしてできた関係は安心できる場と呼ばれるのですが、親は子供のこうしたい心理的安心感を傾聴技法によって構築するのです。

 

傾聴技法の目的はこのように単純明快ですが、この実践は奥が深く、特に初心者にとっては難しいことが多いでしょう。

 

傾聴技法を軽んじて、 聞くというカウンセリングの鉄則を忘れた親は、子供への質問とアドバイスを繰り返すパターンに陥りやすいのです。

 

これは残念ながら、カウンセリングではありません。

 

カウンセリングの技法習得を始めるにあたり、これを読んでいる者、あるいは親は、はこの事実をはっきりと認識する必要があります。

 

傾聴技法を定義づけるために、 研究者たちは行動分析と認知行動理論の方法論を用いました。

 

それらの統計的な学習と組み合わせからたようで難しい行動を習得させる手法なのです。

 

一方認知行動理論は人間の行動を思考・情動・行動・生理に大別し、これらのうちしこうが他のすべてに影響を与えると想定する見解に至っています。

 

研究者らはこれら二つの理論を融合させて傾聴技法として4種類の技術を提案しました。
ここでもう一度食事の風景からイメージしてみることにしましょう。

 

奥州の方では食事の時間をとても大切にしています。

 

ひとてまいの副作用の心配はない。その分、心をこどもに。

 

食事の時間にお互いの近況を話し合ったり色々な興味あったことを伝えると言うには最高の画面なのです。

 

外部からの邪魔が入るわけではなくお互い真っ正面から話し合うことができるので最高の場になるということなのでしょう。

 

実際に食事の時はおおよそ機嫌がいいことがおおく、相手の言っていることも素直に聞くことができるのが特徴ではないでしょうか。

 

食事を用意するのは大変なことなのでそこにひとてまいを加えることによって、足りない栄養文を補うことができるというのは親としては子供にしてあげられる大きな一つの事柄だと思われます。

 

副作用の話もありましたが、これについては上述したように既に解決していると思ってよいでしょうそのためにも、あまりそこに神経を使わずもっと子供の方に神経を向けるエネルギーに変えてもらいたいというのが自然なことではないでしょうか。

 

 

これら抜き方を意図的に利用することにより、 親は子供への理解とフィードバック、及び信頼関係づけを行うのです。

  • 明確化ーーー曖昧な発言をはっきりさせる
  • 感情反映ーーー感情に焦点を当てる
  • 言い換えーーー感情以外の事柄を意訳する
  • 要約ーーー複雑な発言を整理する

 

カウンセリング技法を食事中に活かす

 

大まかではありますが、ここまで伸びてきたカウンセリングの技法は、わざわざ子供をリビングに呼びつけて座らせてやるものではありません。

 

本来ならばカウンセリングルームに悩みを持つ人が来て悩みを聞いてほしい、 という意思でカウンセリングルームに行ってきますが、親子となってはそうはいきません。

 

ましてや子供は面倒くさがるので、こおやにここに座りなさいと言われると思う心が構えてしまいますし、逃げ腰になっています。

 

そのような状況から子供の本音をポロポロと出させて行くというのはなかなか難しいことなのです。

 

話したとしてもどこか嘘が混じっている、適当に回答してごまかしてしまうことも多いのです。

 

こういった状況から子供から何かを聞き出す、そういう意味でのカウンセリングの場としては食事の場面は最高の時間になることでしょう。

 

もちろん話が込み入ってくるとお食事の味も落ちてしまいがちになるかもしれませんが、

 

食事はまた取ればいいのです。

 

そしてもしその悩みが解決した場合、その後の食事のおいしさと言ったらたまらないものでしょう。

 

食事の準備がなかなか難しい親御さんたちは、栄養のバランスを保つことも可能になってきますし、栄養面での余計な心配ごとを減らすことができるのです。

 

副作用の心配もする必要がなくなりましたし食事の時間ひとてまい子供との会話。

 

親としてしてあげられることはしてあげようではありませんか。

 

それは結局自分の心の安定にもつながるのです。

 

心が安定すれば子供にも優しくしてあげられ、話もじっくり聞いてあげられるようになります。

 

どうぞ心を穏やかに持ってあまり心配ごとを作らず余裕のある心で子供に接していきたいところですね。

 

 

⇒ひとてまいが栄養面の心配を開放できる、ひとてまい公式サイトはこちら

page top